スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パークツール PARKTOOL

工具の良さってのは使わないと分りません。
少し前までケーブルのインナーもアウターもホームセンターで980円で購入したニッパーを使っていました。
アウターを切断する際には鬼のような力が必要で、1台分のケーブル類をセットした日には手のひらが痛くなるほどでした。

ところが、ある日決意してこれを購入しました。

CN-10C プロフェッショナルケーブルカッター 5,995円(5,710)

CN-10は、プロ用に開発されたワイヤーケーブルカッターです。冷間鍛造に十分な熱処理を施した強じんな本体は、ほとんどの自転車用ワイヤーケーブルを確実にカットします。また、二重成型グリップは滑りにくく安全な作業が可能です

parktool


使ってみたら「アラびっくり!」今までの苦労が嘘のように簡単に切れる切れる。。。
やはり値段だけのことはあります。

ランキングを見てみる
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://blackmanta.blog11.fc2.com/tb.php/72-46c1e004

コメント

コメントありがとうございます。
やっぱりこのケーブルカッターは使えば分ると言う意味では、ほとんどの人が分るレベルだと思います。
その他にも六角レンチと言われるアーレンキーは100円ショップで揃うような工具で、ほとんどそれで間に合ってしまいますが、大入力が必要な時には、工具の良し悪しがハッキリ出るようです。
いま、用途に合わせて4種類くらいのアレンキーを使っていますが、大入力の際はパークツールのアーレンキーが活躍しています。
偉大な専用工具
こんばんわ
ワイヤーカッターについては、同じような経験が僕にもあります。やはり、出し惜しみして、安いラジオペンチで力任せに切っていました。で、切れた瞬間に先端がばらけたり、一本だけ切れなかったりイライラでした。意を決してシマノのワイヤーカッタ3400円を購入、何の抵抗も無くパッツンと切れた時はなんつーかさすが専用工具だなと思いました。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。