スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物足りない・・・。

銀座のシネパトスの所にある半地下の小路に新しいお店が出来ていました。
以前、通りがかった際に見つけて気になっていたお店で、ここは知っている人ならお分かりのとおり、ちょっと寂れた感じの飲食店が立ち並ぶアジのある小路で、そこに場違いな感じのキレイなたたずまいの店舗が出来、とても目立っていました。
その名も「牛かつ 」。牛
店頭に有ったインフォメーションで牛かつ700円を見て、結構入りづらそうな店構えに突撃しました。

店内に入ると、詳しいお品書きが・・・☆牛かつ700円ご飯セット350円☆計1050円也☆
あらま、700円はカツのみなのね。
肉は松坂牛を使っていると言うし、仕方が無いので、ご飯セット付きをオーダー。
私のようなしがないサラリーマンにとってお昼1000円オーバーは、ボーナス後もしくは何かのイベントが無い限り、そうそう出さない金額だけど、「松坂牛」だしな・・・と自分に言い聞かせて待つこと数分。。。

出てきた牛かつを見て「ちっちぇー!!」と心の中で声の限りに叫んでいました。
「草履のような大きさ」と大きなステーキを形容しますが、この大きさを形容するのに相応しいモノは何があるだろう・・・。
今話題の「ゲームボーイ・ミクロ」ゲームボーイミクロ(ファミコンバージョン)
の大きさ!?とでも言いましょうか。
更にそれを思いきって薄くしたような・・・。

味はまずまず美味しかったけど、高い金を出して美味しいハムかつを食べたような感じで、満足感は非常に乏しかった。
近くに980円で美味しい牛肉を食べさせてくれるお店もあるし・・・。

メニューには他にもコロッケとかメンチとか、お手頃な値段のモノもあったので(こちらは100円台)本来はそちらがウリなのかも知れないけど、初見の客としては、お品書きの一番上の目立つ所に書いて有るメニューを無難に頼んでしまうので、コロッケやメンチカツ定食を手頃な値段で設定した方が、サラリーマンにとってはありがたい。

なんせ、牛かつ700円 ご飯セット350円 の下がいきなりコロッケ130円では、座ってすぐに決断を迫られるオーダー時に「この店は牛かつの店」でその他はサイドオーダーだと思ってしまう客も多いとおもふ・・・。

まぁ味も良かったし、比較的空いていたので、今度はコロッケかメンチカツに挑戦してみようと思う。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://blackmanta.blog11.fc2.com/tb.php/37-152edf7f

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。