スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラえもんのポケット

今日で8月が終わり、明日から新学期が始まりますね。何となく、涼しくなってきましたね。

今日は水曜日なので、以前にも紹介した松坂屋の7Fの「赤坂飯店」の坦々麺大盛りを食しました。
普通料金で大盛りに出来、ライスとコーヒー牛乳もどきの飲料がおまけで付いてきます。

結構な行列が出来ていましたが、今までの経験則から12時前の行列は、入替時なので、意外に早く座れるのです。
ライス付き大盛り683円はこの界隈ではとってもお得です。
akasaka
帰り際には行列が2倍になっていました。

ところで、銀座6丁目の郵便局の斜め前にある和食のお店の話。
ここに4人掛けテーブルが4卓と、5~6人が座れるカウンターが有る小さな店があります。お昼時は当然満席と言うことも多いのに、引き戸を開けて満席で帰ろうとすると、店のおばちゃんが「大丈夫!すぐ空くから!」と言って、近寄った客をタダでは帰さないお店です。

他の店なら、「満席」=「ごめんなさい!満席ですので・・・。少々お待地下さい」と言うところを強引にも「大丈夫!すぐ空くから!」と次から次へとお客を引き留め、食べ終わった客が、一息つく暇も無く出て行かざるを得ない雰囲気を醸し出し、絶妙なタイミングでさほど並ぶ事も無く、常に満席を保つ高回転なお店です。

一見小さそうに見えて、驚くほどのキャパを持っており、私が秘かに「ドラえもんのポケット」と呼んでいるお店です。

私のオーダーの定番は「豚肉のしょうが焼き」です。
値段は890円、味もまずまずでボリュームもあります。

スポンサーサイト

物足りない・・・。

銀座のシネパトスの所にある半地下の小路に新しいお店が出来ていました。
以前、通りがかった際に見つけて気になっていたお店で、ここは知っている人ならお分かりのとおり、ちょっと寂れた感じの飲食店が立ち並ぶアジのある小路で、そこに場違いな感じのキレイなたたずまいの店舗が出来、とても目立っていました。
その名も「牛かつ 」。牛
店頭に有ったインフォメーションで牛かつ700円を見て、結構入りづらそうな店構えに突撃しました。

店内に入ると、詳しいお品書きが・・・☆牛かつ700円ご飯セット350円☆計1050円也☆
あらま、700円はカツのみなのね。
肉は松坂牛を使っていると言うし、仕方が無いので、ご飯セット付きをオーダー。
私のようなしがないサラリーマンにとってお昼1000円オーバーは、ボーナス後もしくは何かのイベントが無い限り、そうそう出さない金額だけど、「松坂牛」だしな・・・と自分に言い聞かせて待つこと数分。。。

出てきた牛かつを見て「ちっちぇー!!」と心の中で声の限りに叫んでいました。
「草履のような大きさ」と大きなステーキを形容しますが、この大きさを形容するのに相応しいモノは何があるだろう・・・。
今話題の「ゲームボーイ・ミクロ」ゲームボーイミクロ(ファミコンバージョン)
の大きさ!?とでも言いましょうか。
更にそれを思いきって薄くしたような・・・。

味はまずまず美味しかったけど、高い金を出して美味しいハムかつを食べたような感じで、満足感は非常に乏しかった。
近くに980円で美味しい牛肉を食べさせてくれるお店もあるし・・・。

メニューには他にもコロッケとかメンチとか、お手頃な値段のモノもあったので(こちらは100円台)本来はそちらがウリなのかも知れないけど、初見の客としては、お品書きの一番上の目立つ所に書いて有るメニューを無難に頼んでしまうので、コロッケやメンチカツ定食を手頃な値段で設定した方が、サラリーマンにとってはありがたい。

なんせ、牛かつ700円 ご飯セット350円 の下がいきなりコロッケ130円では、座ってすぐに決断を迫られるオーダー時に「この店は牛かつの店」でその他はサイドオーダーだと思ってしまう客も多いとおもふ・・・。

まぁ味も良かったし、比較的空いていたので、今度はコロッケかメンチカツに挑戦してみようと思う。

嗚呼!ラーメン!

今日のお昼はラーメンが食べたい!
と思った時、私の職場の廻りには、幸いにもたくさんの選択肢が有ります。

とんこつの気分の時は、
九州生まれではないという噂の九州風ラーメン「九州じゃんがら
今や全国区の人気店「一風堂」とそのすぐ近くの長浜ラーメン「やまちゃん

お腹にしっかり溜まる系と言えば、
ランチの豚めしセットがお得な「元楽」と、最近食べていないけど、縮れ麺が選べる「影丸

そして、ラーメンランキングの常連「勇」と、坦々麺で有名な「はしご
・・・とこれ以外にも本当にたくさんのラーメン店があるのですが、意外な穴場として、紹介したいのが下の2店です。

1店目は松坂屋の7F「赤坂飯店」の坦々麺。ここは水曜日が大盛り無料で超オススメ。※しかもライス付き
サービスになぜかコーヒー牛乳もどきの飲料が付いてくるのが、辛みで火照った舌にとてもありがたい。

2店目は坦々麺の「はしご」の隣の隣の地下にある自家製麺の中華料理屋「味の元」。
ここの「ニラそば」は、当たれば絶品です。
日によって味ムラがあるので、オススメは出来ませんが、無愛想な接客と非常に確立の低い「当たり」のために通う自虐的な客が多く居るとか居ないとか・・・。

ところで先日の休みに行列の出来ている(当時の現在進行形)某ラーメン店に行ったときの事。
私が到着した時からカウンターに座っていた女性客2人連れ。。。
行列が出来ている混雑ぶりには眼もくれず、テレビを見ながらゆっくりとお食事中。
良く見たら、一人は食べ終わっており、彼女の前はドンブリも片付けられて、何も無し!
もう一人は、レンゲを持ってスープを啜る素振りを見せるものの、ほとんど持っているだけ。
その間待っている人間は、店の方針で(?)熱帯夜の中、外で行列を作る羽目に。

こういう存在は、お店にとってどうなんでしょ?!
この2人が居なければ、同じ時間で更に1席あたり2千円は稼いでいた気がします。
テレビを置いているラーメン店がアウト、という意見は置いといて、気配りが出来る女性のありがたみが身に沁みた出来事でした。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。